日本がカンボジアとの間で特許の付与円滑化に関する協力(CPG)を開始

日本国特許庁は6月27日、カンボジア工業手工芸省(カンボジアにおいて特許・意匠を所管する知財庁に相当)との間で特許の付与円滑化に関する協力(CPG: Cooperation for facilitating Patent Grant)を7月1日より開始すると公表した。


CPGは、日本国特許庁と所定知財庁との合意に基づき、日本で審査を経て特許となった出願に対応する出願について、出願人からの申請により、実質的に無審査で当該所定知財庁でも特許が付与されるというものである。


これにより、出願人が海外でも日本で登録された特許と同様の特許を早期に取得できるようになると共に、審査体制が十分に整備されていない途上国・新興国における特許付与までの手続きの負担を軽減することが可能となる。


CPGに基づく早期特許査定申請の手続きについては、カンボジアCPGガイドライン参照。尚、カンボジア工業手工芸省への申請は無料。


 


「特許の付与円滑化に関する協力(CPG)について」(特許庁)(https://www.jpo.go.jp/torikumi/kokusai/kokusai2/cpg.htm)を加工して作成

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。