直木賞作家の小説の著作権侵害訴訟で一審判決の賠償増額求めた控訴が棄却

直木賞作家の佐藤雅美氏が、BS-TBSのテレビ番組で2011年~2012年に放送された歴史教養番組に自分の小説を無断で使用され著作権を侵害されたとして、番組制作会社の「テレビマンユニオン」に対し3200万円の損害賠償を求めていた裁判の控訴審判決で知的財産高等裁判所は6月29日、著作権侵害を認定しテレビマンユニオン側に30万円の支払いを命じた東京地方裁判所の一審判決を不服とし損害賠償の増額を求めた佐藤氏の控訴を棄却する判決を下した。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。