ラクオリア創薬の「選択的ナトリウムチャネル遮断薬」に関する欧州特許成立

研究開発型の創薬ベンチャー企業であるラクオリア創薬は7月7日、選択的ナトリウムチャネル遮断薬の物質特許の一つであるアリールアミド誘導体に関する特許出願が、同日付で欧州特許庁より特許査定を受けたと公表した。


本特許に関するナトリウムチャネル遮断薬は、テトロドトキシン感受性(TTX-S)ナトリウムチャネルに対して特異的に作用し、複数の疼痛モデル動物において、高い有効性を示すことが確認されており、中でもアリールアミド誘導体は心臓で重要な働きをするテトロドトキシン抵抗性(TTX-R)ナトリウムチャネルに対して良好な選択性を示すことから、副作用の少ない画期的新薬として、様々な疼痛状態に対する治療薬として期待されているという。


尚、本件特許は既に日本、米国及び韓国においても成立しているという。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。