Madrid Client Records Unitのサービス向上(参考訳)

特許庁は7月13日、7月1日付け世界知的所有権機関(WIPO)公表のMadrid Client Records Unitのサービス向上の参考訳を特許庁ウェブサイト上に掲載した。参考訳の概要は以下の通り。尚、参考訳の詳細は特許庁ウェブサイトを参照


行政及び裁判手続、又は税関職員の求めに応じて、商標に関する必要な証拠書類を入手することができることは重要である。そのため、WIPOは、マドリッド・システムに登録されたすべての商標に関する公式情報について、国際登録簿から必要な文書を入手することを容易にした。


Madrid Client Records Unit (CRU)は、新たに二つのサービスを開始した。


・国連の6公用言語による、国際登録簿の抄本のカバーページの作成


・国際登録の証明書及び謄本の早期発行


CRUは、商標の国際登録に関する情報及び文書の認証、及び国際登録簿の抄本を提供している。


現在、追加手数料なしで、6言語(英語、フランス語、スペイン語、アラビア語、中国語、ロシア語)からカバーページの記載言語を選ぶことができる。


急ぎの場合は、有料で、抄本、証明書、又は謄本の発行を早めることが可能。


2016年7月1日


 


「Madrid Client Records Unitのサービス向上(参考訳)」(特許庁)(http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_shouhyou/kokusai/20160713_cru_service.htm)を加工して作成

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。