近畿経済産業局が地域団体商標プロモーション事業として「結崎ネブカ」PRイベント開催

経済産業省近畿経済産業局は10月27日、地域団体商標登録団体に対し、商標をより効果的に活用してもらうため、プロモーション活動を支援する事業として、11 月 6 日に奈良県川西町商工会と連携したPRイベント「結崎ネブカ丼試食会」を開催すると公表した。


地域団体商標は年々増加しているが、当該商品の魅力を消費者に伝える効果的なプロモーションが十分にできておらず登録に留まり「売れる商品」にまで達していないケースが多いことから、近畿経済産業局によるプロモーション活動の支援は、商品ブランド力を強化し地域振興にも繋がると期待される。


今回は第一弾として、奈良県川西町において、室町時代から伝わる伝説のネギ「結崎ネブカ」で町おこしとして、伝承の味「結崎ネブカ丼試食会」を開催するという。今年度は「結崎ネブカ」「吉野本葛」「八尾若ゴボウ」の3商標を対象とした支援が行われるという。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。