中国最高人民法院が「喬丹」商標使用を差し止めマイケル・ジョーダン氏勝訴

元米プロバスケットボール(NBA)選手のマイケル・ジョーダン氏が、自身の名前の漢字を用いた中国語表記「喬丹」を使った中国スポーツ用品メーカー「喬丹体育」に対し、その商標の登録取り消しを求めていた裁判で、中国最高人民法院(最高裁判所)は12月8日、下級審判決を破棄し、ジョーダン氏の名字の漢字による中国語表記が中国国内でよく認知されていることから、喬丹体育はその商標の登録を放棄し国家工商行政管理総局に返還する必要があるとの判断を示す一方、その発音表記であるピンインの「Qiaodan(チアオダン)」については、ジョーダン氏の主張を退け喬丹体育にその使用を認める判決を下した。


ジョーダン氏は、中国において「喬丹」を商標登録していないが、自身の名前の法的権利を侵害されたとして2012年に喬丹体育を提訴していた。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。