ノキアが32件の特許侵害を理由にドイツ及び米国でアップルを提訴

フィンランドの電気通信機器メーカーであるノキアが12月21日(米国時間)、同社が保有する複数の特許を米アップルに侵害されたとして、ドイツのデュッセルドルフ、マンハイム及びミュンヘンの地方裁判所と、米テキサス州東部地区連邦地方裁判所に提訴したと発表した。


ノキアは、同社のディスプレイ、ユーザーインターフェース、ソフトウェア、アンテナ、チップセット、ビデオコーディング等の技術に関する特許32件について、アップルによる侵害があったと主張しており、ドイツや米国以外の地域においても裁判所に提訴する準備をすすめているという。


両社は、2009年10月からの特許訴訟で争った末、2011年6月にノキアの一部の特許についてライセンス契約を締結することで合意し和解したが、その後ノキアが提案した他の特許に関するライセンス契約について、アップルが拒否し続けたことから、今回ノキア側が提訴に踏み切ったとされている。


ノキアによる提訴に対しアップルは、ノキアが妥当な対価でのライセンス供与を拒否したり、パテント・トロールとよばれる手段でアップル自身の発明に対してもロイヤルティ率を適用して金銭を要求するなど、反競争的な行動をしているとしてノキア側を批判する声明を出し、争う姿勢を示している。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。