住友ゴム工業が英国SDI社から海外の「DUNLOP」商標権などブランド事業買収

住友ゴム工業は12月27日、英国のスポーツダイレクトインターナショナル社(SDI社)から、海外の「DUNLOP」商標権とDUNLOPブランドのスポーツ用品事業及びライセンス事業を1億3750万ドル(約161億円)で買収することに合意したと発表した。


事業の買収及び買収後の運営は、住友ゴムとそのスポーツ事業子会社であるダンロップスポーツ社が共同で設立する新会社のダンロップインターナショナル社が行うという。


住友ゴム工業グループは、この買収によって、タイヤ事業では欧米やインド、豪州等を除く全世界のDUNLOP商標権の所有権者となり、スポーツ事業と産業品事業では今後全世界でDUNLOPブランドの商品を展開できることになるという。また、住友ゴム工業グループは、SDI社が行っているDUNLOPブランドのスポーツ用品を製造販売するスポーツ用品事業(同グループが既に商標権を有する日本・韓国・台湾を除く)とDUNLOPブランドのウエア、シューズ、バッグ、メガネ、時計、傘等のライセンス事業(同グループが既に商標権を有する日本・韓国・台湾を除く)についても商標権と同時に買収するという。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。