LINEが「NAVERまとめ」に関し著作権侵害の申告があれば記事を非表示とする対応を開始

無料通話・メールアプリのLINEは12月28日、自社が運営するキュレーションサイトの「NAVERまとめ」において、記事や使用された画像に対し権利者から著作権侵害の申告があった場合には、その時点で侵害の可能性があると“みなし”て非表示処理を行い、その後、記事の作成者に許諾の有無などの正当性を証明させ、妥当であると判断される場合のみ、表示を再開する「みなし非表示対応」を2016年12月8日以降の申告分から開始したと発表した。


また、記事発信者についての情報開示請求がなされた場合、これまでは発信者のプライバシー保護のため、情報開示は本人の同意を得ることを原則としていたが、2016年12月20日より、請求者が著作権者であることや権利侵害が事実であること、発信者による著作物の利用が正当でなかった場合には、発信者本人の同意が無くても情報開示をするよう運用を改善したという。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。