「森のくまさん」替え歌による著作権侵害を理由に作詞家がCD販売差止と慰謝料請求

童謡「森のくまさん」の日本語歌詞を無断で改変してCDを発売したとして、同曲の作詞家である馬場祥弘氏が1月18日、お笑いタレントのパーマ大佐氏とレコード会社のユニバーサルミュージックに対し、CDの販売差し止めやインターネット動画サイトYouTube上の動画の削除及び慰謝料300万円を請求する通知書を送ったことを明らかにした。


2016年12月に発売されたパーマ大佐氏のCDには、「森のくまさん」の日本語歌詞にパーマ大佐の独自の歌詞と新たなメロディーが追加されており、馬場氏は著作権法における著作者人格権の侵害であると主張している。


馬場氏側によると、2016年11月にユニバーサルミュージックから日本音楽著作権協会(JASRAC)を通して同曲の歌詞の改変の承諾を求める連絡を受け、馬場氏がこれを拒否していたにもかかわらず、12月に使用許諾が得られたとしてユニバーサルミュージック側から改変されたCDが届いたという。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。