奈良県が無断使用していた地図情報を県ホームページから削除し著作権者に謝罪

奈良県は1月 27日、県ホームページに掲載している地図(航空写真を含む)を調査した結果、グーグル、ヤフー、国土地理院などが提供している地図情報を、各地図著作権者の利用規約に違反して掲載しているものが163件(615枚)あることが判明したと発表した。 


同県は、無断使用していた地図を県ホームページから全て削除したうえで、各地図の著作権者に対して謝罪を行ったという。また、同県の調査において、出典が不明であった地図589枚についても、県ホームページから全て削除したという。


奈良県は、地図情報にかかる著作権と利用規約への理解が不十分であったとして、再発防止を徹底するとしている。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。