サイバネットと昭和大学による内視鏡診断支援システムに関する特許成立

コンピュータ設計支援(CAE)ソリューションを手掛けるサイバネットシステム社は2月7日、昭和大学と共同出願していた、機械学習を利用した内視鏡診断支援システムについて特許が成立したと公表した。


本特許は、超拡大内視鏡(EC)の画像から自動抽出した細胞核について特徴付けを行い、さらに画像全体のテクスチャ解析により抽出した200以上の特徴量を統合し、機械学習の1つの手法であるSVM(Support Vector Machine)を利用して病理診断予測を支援するシステムである。


このシステムを使用することにより、医師の画像診断スキルを問わず病理診断に匹敵する超高精度の内視鏡診断支援が可能になるという。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。