アルファクスの飲食店における食材の自動発注システムに関する特許が成立

フードサービス業界専門の情報システム会社であるアルファクス・フード・システムは2月15日、「飲食店経営管理システム」の拡張機能である「自動発注システム」に関する特許が、日本において成立したと公表した。


本特許の自動発注システムは、各飲食店において手作業が前提となっている食材発注を自動化するシステムであり、提供するメニューに使用される食材の量を予め登録し改変していくことで、POSシステム等から集計されるメニューの出数から当日の在庫等も考慮し、自動的に食材や備品を正確に補充し得るという。

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。