意匠制度の利便性向上に係る意匠審査基準の改訂について

特許庁は3月31日、意匠審査基準の第1部第2章「意匠登録出願に係る意匠の認定」、第2部第1章「工業上利用することができる意匠」、及び第3部「新規性の喪失の例外」の項を改訂したと公表した。


今般の改訂は、産業構造審議会 知的財産分科会 意匠制度委員会 意匠審査基準ワーキンググループにおいて内容が検討され(平成28年12月から平成29年2月)、その後、意見募集を行い(平成29年2月から3月)、それを踏まえて必要な修正を行ったものである。


この改訂意匠審査基準は、平成29年4月1日以降に審査される意匠登録出願に適用される。


 


「意匠制度の利便性向上に係る意匠審査基準の改訂について」(特許庁)(https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/ishou_ribensei_kaitei.htm)を加工して作成

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。