特許庁が部分意匠の関連意匠登録事例集を公開

特許庁は3月31日、部分意匠の意匠登録出願のうち、本意匠・関連意匠として登録されたものの中から意匠の類否について参考となる事例を公開した。


この事例は、出願日が平成19年4月1日から平成27年3月31日の出願で、部分意匠の意匠登録出願の中から、本意匠・関連意匠として意匠登録された事例を意匠分類ごとに大別し、両意匠の対比がしやすいよう左右並びとして構成されている。尚、1つの本意匠に対して関連意匠が複数存在する場合、本意匠1対関連意匠1の関係で本意匠を左側に表すため、本意匠は重複して掲載されている。公開された事例の詳細については、特許庁ウェブサイトを参照。


事例の活用にあたり、登録意匠について掲載された内容は、意匠公報に記載されている内容の一部であるため、登録意匠についての正確な情報は、「特許情報プラットフォーム(J-PlatPat) 」で確認が必要である。


 


「部分意匠の関連意匠登録事例集について」(特許庁)(https://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/bubun_isyou.htm)を加工して作成

記事を気に入ったらシェアをしてね

掲載事務所募集中

特許商標事務所を探す

専門分野

専門の産業分類

お客様の声

一覧を見る

サイトニュース

2015.9.1
特許商標タイムズ、α版を公開しました。